社長メッセージ

自分で自分をリードしていく皆さんへ

皆さんが成長すると会社も成長する

会社でも、スポーツのチームでも、組織それ自体はただの乗り物。
新しく我が社に入る皆さんが、仲間と一緒に成長すると会社も成長して行く。
清水総合開発は、社員全員がそうした社風を大切に育てています。

ヴィークコート モデルルームにて

『真のリーダー』を目指してゆこう

わが社は、不動産に関わるあらゆる領域に「総合的」に取り組んでいます。さらに、全ての業務が相互に密接に連携している。そういう企業は意外に少ないのじゃないかな。

社名の「総合開発」には、清水グループ唯一の総合不動産会社であるという自負と、社員も仕事を通して総合的に成長して行こうという、強い思いを込めています。

皆さんは総合職として入社し、配属は意欲や適性に応じて決められて行きます。実際の仕事の場で自分が主人公となって判断し、様々な領域で経験を重ねて欲しい。現に、入社2 年目の仲間が自分で開発したマンションが竣工した時の感激や、PM のフロント担当が責任をもって飛びまわる手ごたえを語ってくれます。嬉しいですね。

自分が主体となれば、何度も苦しいことや壁にぶつかろうというものです。でも、そうした壁を乗り越えるところに、仕事の素晴らしさもあるのだと思う。「リーダー」と聞くと、キャプテンとか部長、課長という言葉を思い浮かべるかもしれませんが、そうではないと思うんですね。自分で自分をリードしていける人、これが「真のリーダー」なのだと思います。人生、何一つ無駄な経験はありません。一人一人が自分を追い越して、将来は経営を担う逞しい姿を期待しています。

インターンシップの打ち合わせ

文系理系、男女の区別はありません

文系とか理系とか、男女の区別、賢愚の差などはあまり関係ないと思っています。一番大事なのはそうした違いを超えて、自分の仕事に生きがいを見いだそうする情熱です。単に「パンを得る」だけが仕事の目的ではないと思う。技能を磨き、自分を磨き、人格陶冶(トウヤ)を目指して、将来振り返った時に「少し成長できたのかな」と実感できたら、社会に出た本当の意味があるのだと思いますね。私だって若いころを思い返すと、正直恥ずかしいことばかりですよ(笑)

ヴィークコート人形町建設現場にて

技術系の方も是非!

不動産業界は文系のイメージが強いかもしれませんが、ゼネコン系総合不動産会社ですから、建築系・設備系の層をさらに厚くしてゆくことがとても重要なのです。私も、入社して4年間建設現場で仕事をしていましたが、事務系の私でさえ足場が取れて完成した建物を見た時の感激は、今も忘れられません。とても手ごたえがある職場です。是非とも応募してください。

風通しの良い社風

風通しを良くするために、部署を越えた同世代の社員懇談会など、意見を吸い上げる取り組みも色々と行っています。時々陪席させてもらうのですが、いろんな考えが出てきてなかなか面白いですね。風通しは、組織の縦糸と横糸を交差させて紡がれると思います。例えば、年休を取りやすいよう導入した「正副担当制」は陪席していた本部長が「それならやってみよう」と始めたことですし、ホッと一息つけるスペース、通称「ロクカフェ」も、懇談会から出た若手社員の「こうしたい!」「こうしたらどう?」を、女性社員グループ「VIEQUE KOMACHI」がステキに具体化してくれました。

VIEQUE KOMACHI のみなさんと

「論語と算盤」の理念の実現

清水グループは、日本資本主義の父と言われる、澁澤榮一翁の唱えた「論語と算盤」を基本理念としています。これは、道徳に則った企業活動を行った結果として、適正な利潤を頂戴するという考え方で、絶対に変わることのない我が社の背骨です。ちょっと難しくなるので、このことは入社後まず最初に、私が直接わかり易くお話ししますね。「社員が成長するから会社が成長する」という考えも、その理念のひとつです。

スポーツでも良い、勉強でも良い、皆さんが何かの為に、誰かのために打ち込んできた熱い思いの延長線上には、必ず当社の事業領域が広がっていると思う。会社はそうした皆さんの「情熱の増幅器」、「社会への翻訳機」なのだと思います。皆さんがお客様の期待を超える誠実な仕事をすることで、社会とお客様に喜んで頂くこと。これが当社の社会的な使命です。

社員満足度 No.1 企業を目指す

私自身の目標は、社員と家族の生活を守るために、さらに業績を安定的に拡大させ、経営基盤を盤石にしてゆくこと。そして社員の様々な思いを支えるために、結婚や出産などのプライベートに関しても安心して生活設計ができるよう、育児休暇制度やスライド勤務制、テレワークなど働きやすい制度をさらに整備してゆくことです。教育制度の充実も課題ですね。一方、頑張った人には相応しく応えて行く評価制度も既に導入しています。

個人の幸せや満足度を数字だけで語ることは出来ませんが、新卒後の離職率が極めて低いのも、若い皆さんが生き甲斐をもって働いてくれているからだと思う。その良き社風は、インターンシップに参加した学生の皆さんが肌で感じ、ほぼ全ての方たちが実際に応募してくれることにも表れていると、密かに自負をしています。

当社の企業メッセージ『すこやかな場所を 創る 支える』は、お客様や社会に向けただけのメッセージではありません。私たち社員自身が、自分たちの働く場所をすこやかな成長の場にしていこう、お互いに支えていこうという意味を込めています。

自分が満足せずして、
お客様が満足される訳がない。
私たちは、「お客様と社員の
『満足度 No.1』企業」を
目指しています。

面接でお会いしましょう。

代表取締役社長
星野 道人